月刊コラム

幸せになるための五箇条

佐藤愛子さんの本に、ある方からの教えとして、
こんなことが書いてありました。

幸せになるための五箇条

「今日一日 親切にしようと想う。」

「今日一日 明るく朗らかにしようと想う。」

「今日一日 謙虚にしようと想う。」

「今日一日 素直になろうと想う。」

「今日一日 感謝しようと想う。」

「これを紙に書いてトイレに張っておくといいらしいです。

でも、実行してはだめです。意識して実行すると失敗します。

想うだけで、してはいけない。

意識的にすることは、エゴイズムだから、大切なのは想う事。

いつかその想いが身につくように、朝夕見ては心に刷り込むことが大事。」

 

自我(エゴ)を満足させる行為は、身にならない。
体の中に入れるには「想い」が大切ということです。

「私は○○だ」ってアファメーションを、繰り返し自分に言い聞かせると、
自己実現できるとか、幸せがやってくるとかの自己啓発本がよく売れています。

自己啓発本で、本当の幸せをつかんだ人に、いまだ会ったことはありません。
私を含めて() カネ返せ~。
おそらく本当に幸せになれたのは、売れた本の著者達でしょう。

考えが及ばない、想いに 沁みこませましょう。。

投稿日時:2013年5月24日