パニック障害

精神的要因で起こる動悸や呼吸困難を克服して自由に活動したい。

パニック障害苦手な人と話している時、大勢の人がいる場所に行った時、一人で不安な時、乗り物に乗った時などに、何らかのきっかけで一度パニック状態になると、同じ状況でまた起きるのではないかと怖くなって行動範囲が限定されていくことがあります。

また起きるという思い込みを捨て、起きないようにすることができるということを覚え、行きたいところへ行ける、したいことをしたい時にできる、当たり前の毎日を取り戻せるよう、「銀のすず」がお手伝いいたします。

パニック障害では、思いがけないときに突然、「胸がドキドキして息ができない」動悸や息切れ、「このまま死ぬのではないか」という強い不安を伴うパニック発作が生じます。
そして、またパニック発作を起こしたらどうしようという、発作に対する強い恐怖感や予期不安が生まれるようになります。


パニック障害は下記のように段階を踏んで、症状が進行していきます。
出来事 ⇒ パニック発作 ⇒ 予期不安 ⇒ 行動範囲の制限

一般的なクリニックでのパニック障害治療法は「抗不安薬を服用する」、そして「日常のストレスをなくしましょう」ですね。これでよくなる方も、長引く方もいます。

札幌の銀のすずPremiumでは、カウンセリング、EMDR、催眠療法、認知行動セラピーを併用して下記のような過程をたどり克服します。

1.出来事で生じた記憶、恐怖感が収束してくる(カウンセリング,EMDR,催眠療法)
2.予期不安が小さくなる(カウンセリング,EMDR,呼吸法、心音セラピー)
3.小さな目標の場所から順に行きたい場所に行ける(カウンセリング,イメージ療法)
4.穏やかな毎日が戻ってくる(リラクゼーション,カウンセリング)


〈予期不安を小さくする、セラピー について〉

予期不安は、最初の発作で健康神話が、崩れることからはじまります。
そして、多くの不安発作は、心臓のドキドキ感がついて回ります。
パニック発作は、体に強い心臓の鼓動を感じとると、脳が瞬時に危機を予測して、引き起こします。

心臓ドキドキ ⇒ あれッまずい!はじまるかも ⇒ どうしよう・アッ ほら呼吸も・・⇒ パニック発作

動悸や息苦しさは脳中で、体を危険にさらすものだと想像を膨らませます。

「心臓ドキドキ」と「発作」の間に、正しい認知と安心感が挟まってくれると
脳は自然に危機を予測しなくなり、日常生活に具体的な変化を与えてくれます。

感情と反応を小さくしながら無意識レベルで、自然に作用するように技法を
組み合わせて行います。

「ドキドキ こわい」  ⇒ 「 順調!順調!」

パニック障害で、悩む前の脳への原点回帰を一緒にめざして、
高い確率でパニック障害の克服に役立っています。