不安障害 不登校

不安な気持ちに陥ることなく、どこでも落ち着いて過ごしたい。

不安障害 不登校原因のわからない漠然とした不安感が続き、ときおり息苦しさを感じるなど、身体にいろいろな症状が出てくる。

他人の評価が極度に気になったり、人の注目を浴びる状況に強い苦痛を感じたり、そわそわと落ち着かない、緊張して自意識過剰になるなど、日常を自然体で過ごすことができない状態が、心を徐々に追いつめていくこともあります。

そんな時、身体症状を内科のお医者さんに相談しても異常が見つからなかったりすると、ますます心細くなるものです。

「銀のすず」では、まず不安の正体をひも解いて、対処方法を探るお手伝いをいたします。


〈不登校のご両親へ〉

不登校のお子さんを持つ、親の不安は計り知れないものです。
よく、不登校の人を励ましてはいけない、と言われます。

不安な人に、「元気を出して」と励ましても、憂鬱な気分は晴れないものです。
大切なのは、その人の悔しさ、怖さ、憎しみをくみ取ってあげることです。

学校へ行かない、または過敏性大腸症候群などの症状によって、その人が何を表現しようとしているのかを、親が知ってあげることが必要です。しかし、親が純粋にそれをくみ取ろうとしても、親子感情が介入をして、お互いに理解しあえないこともあります。

札幌銀のすずPremiumは、子供の目線で気持ちをくみ取りながら、解決の糸口をみつけ、一緒に進んでいきます。