月刊コラム

カウンセリングから思う事~怖い夢ばかり見る不安

誰かに殺されそうになる夢、誰かに追いかけられる夢を見ると

「精神状態が良くないのでは?」と心配する人が多いものです。

 

夢はその人の内面の課題を歪曲して表現されたものですので、

それほど気にする必要はありません。

ストレスがたまっているときには、何かに追いかけられたり、

間に合わないという焦りを感じているシチュエーションを見ることがあります。

これは実際に場面を経験をしたわけではありませんが、その人の人生の課題や

ある感情を伴った実体験が夢の中に誇張して現れると解釈されています。

 

 

 

 

 

 

私は、困っている女性を薄暗い教室から連れ出して一緒に逃げ惑う夢を定期的に見ます。

これは、カウンセリングが思うようにくいかずに困っている心理の現れかと

自己解釈しています。(汗)

 

怖い夢にはその他、高いところから落ちる夢、交通事故に遭うなどがありますが、

どれも精神的な病や予知夢ではありません。

むしろ脳内では睡眠中にいろいろな感情の処理作業をしているといわれています。

ただし、基本的な安全が脅かされるような強烈なPTSD(心的外傷体験)などで、

実際の体験から悪夢による侵入的再体験が繰り返される場合には、少々危険です。

専門家のカウンセリングが必要になることもあります。

PTSDなどの心理カウンセリングでは、実体験を取り扱う事に負担があるクライエントに、

悪夢に焦点を当てて感情を和らげていくお手伝いをすると、心のケアが進む場合があります。

 

 

投稿日時:2019年10月1日

カウンセリングとは。

 

心理カウンセリングという言葉からイメージされるものはそれぞれです。

一般には心理学に基づく相談援助を指します。カウンセラーの数だけカウンセリングのやり方があり、定義も変わってきます。

精神的な病理や症状に関しては心理療法が適用され、

心理カウンセリングは比較的健常な方へ行われるものであると区別される場合もありますが、

心理カウンセリングと心理療法の区別はしづらいと言われいます。

銀のすずでもカウンセリングからはじまり、必要な心理療法を提案して具体的な症状や行動、心の変容を目指しますので、それらを総称して心理カウンセリングと呼んでいます。

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

心理カウンセリングが初めてのお客様で、

こちらで催眠心理療法を取り扱っている事もあってか、

長年に渡り困った問題を一回で解決してくれる、

という期待を持って来所される方もいらっしゃいます。

その期待を上手にくじくことがカウンセラーの技術だと教科書は言いますが、

私には自己研鑽が積まれていないのか長年やっていても難しいものです。

 

仮に一度で変容した心は、何かの刺激でまたすぐに元へ戻るとも言えます。

精神も筋トレと同じく繰り返し使い続けることで鍛えられ、体の一部になっていくのです。

どうかご理解を。

 

投稿日時:2019年5月2日

3月25日(月)臨時休業します。ご予約お問い合わせは承れます。

3月25日(月)は臨時休業します。

お電話とメールのご予約お問合せは承れます。

投稿日時:2019年3月22日

3月21日(祝)カウンセリング行っています。

3月21日春分の日(祝)もカウンセリングしています。

ご希望の方はご連絡ください。

 

投稿日時:2019年3月14日

3月10日(日)はカウンセリング行っています。

3月10日(日)はカウンセリング行っています。

ご希望の方はご連絡お待ちしております。

投稿日時:2019年3月8日

ご予約はこちらから