月刊コラム

家族療法について

生きずらさ、虐待、不登校、引きこもり、アダルトチルドレンなど個人の問題が家族関係に強く影響されている場合、その家族の中でのあり方を観察することで解決の糸口が見えてくることもあります。その家族全体に焦点を当てた心理療法を家族療法と呼びます。

家族療法では家族に特定の個人が悩みを抱えているときに、その家族に不健全さや歪みがしわ寄せとしてその人の問題として表れているという捉え方をします。

家族は誰もが人生の基盤となる価値観やコミュニケーションを学ぶ最初の場であり、情緒を安定させる機能や社会や個人にたいする様々な機能があるとされています。

現在はさまざまな研究が行われその主流となっている「家族システム論」についてご紹介いたします。

 

〈家族システム論〉

 

家族システム論とは、家族を一つの大きな生きものとして捉えて、それは生きて成長し変化し続ける個々の家族メンバーによって構成されていると考えます。人間の体そのものが家族で、構成している細胞や臓器が個人となります。

 

〈家族ホメオスタシス〉

 

家族が一つの生きものである以上、一定の状態に保とうとするホメオスタシス(恒常性機能)が存在すると考えられます。

たとえば、権威的な父親が母親と子どもを叱りつづける家庭の中で、子どもが不登校の問題を抱えたとします。夫婦は子供の不登校問題について解決しようと協力しあいます。その間夫婦の問題は一旦収束をしますが、子供の不登校が解消すると今度は母親がうつ病になる等新たな問題が家族内で発生するということがあります。

この場合、個人が持つ病理によって問題が起きるというより、むしろ家族の中に不適応者の存在を無意識に必要としているために発生すると考えられます。

このような家族間の「歪み」を見つけ出し、協力可能な家族でこの歪みを少なくするようカウンセリングを重ねて支援します。家族全体の問題として取り組んでいくプロセスで、個々が抱える問題が解消されることがあるのです。

 

〈家族の成長と変化〉

 

家族がホメオスタシスによって一定に保とうとする一方で、時間の経過と家族メンバーの成長・変化などの下記の家族の発達段階にあわせて柔軟に変化することが求められます。

これらの変化に対応できずに柔軟性が失われたり、家族が必要な働きを果たせる状態にない家族を機能不全家族といいます。

 

第一段階 親元を離れて独立して生活しているが未婚の時期。

・自分を出生家族から分離することを親子共に受容すること。

・親密な仲間関係の発達。(親よりも友人に相談する)

・仕事面での自己確立をすること。

第二段階 結婚による両家庭への仲間入り。新婚夫婦の時期

・夫婦の仕組みつくり。

・親の家族と友人との関係を再編成する。

第三段階 幼児を育てる時期。

・子供を含めるように、夫婦の仕組みを調整する。

・親としての新しい役割を得ること。

・父母、祖父母の役割を含めて、親の家族との関係を再編成すること。

第四段階 青年期の子どもを持つ家族の時期

・子供の独立をすすめて家族の境界を柔軟にすること。

・青年期の子どもが家族を自由に行き来できるように親子関係を変えること。

・夫婦の関係、仕事の達成に再び焦点を当てること。

・老後への関心を持つこと。

第五段階 子どもの独立と移行が起こる時期

・親子関係を大人同士の関係に発達させること。

・夫婦関係の再編成。

・親の老化・兄弟・孫を含めた関係の再編成。

第六段階 老年期の家族

・夫婦の機能を維持して新し家族、社会的な役割を選択すること。

・経験者として若い世代を支援するが、過剰に介入をしない。

・世代的な変化を受容すること。

 

出典 「家族心理学講義」岡堂哲雄 金子書房より

 

このような家族が機能するための成長と変化について知ることはとても大切です。

投稿日時:2020年1月3日

物の考え方

物の考え方

 

カウンセリングの現場では、対人関係では嫌われないように、仕事ではミスしないようになど、あらゆることに怯える自分が嫌いで考え方を変えたいという方が多くいらっしゃいます。

 

ここでOSウォーコップというイギリスの哲学者が示した動物の行動の2つの原則を紹介します。

 

毎朝、同じコースをランニングをしている二人に尋ねました。

「なぜあなたは走っているのですか? どんな気分ですか?」

 

Aさん「病気になりたくないから走っているのさ。楽しくなんかないよ」

 

Bさん「走りたいから走っているのさ。そりゃ楽しいよ」

 

前者は「本当はやりたくないけど、しておいた方が良い」行動です。

このような敵から逃げるなど危機的な状況を避けるため、将来が不安だから何か「する」というAさんの行動を「死の回避行動」と呼びました。

一方後者は、大地を自由に走る「しいたいからする」生き生きとした純粋な行動です。Bさんの行動を「生きた挙動」と示しました。

 

簡潔に言えば人間の行動の動機には「△△したくないから〇〇している」のか「したいから〇〇している」の2つの原則があるということです。

 

「死の回避行動」は危機的状況を回避する合理的な考え方です。

しかしとらわれると次々と死の回避行動が招かれ本来の目的からは外ずれて、徐々に自由を失うことになります。

 

例えば、仕事でミスをして上司に怒られたとします。その危機を回避するために「何度も書類を見直す」「上司の顔色をうかがう」「無難な発言しかしない」「能動的な仕事や関わり方はしない」など、さまざまな死の回避行動をとることができます。しかし過度な死の回避は不安と恐れを招き自由が失われてしまいます。これは人の心が十分に機能していない状態と言えます。

 

漠然とした不安に悩まされているクライエントのカウンセリングは、「死の回避行動」にとらわれている状態から「生きた挙動」が機能する状態になって心に余裕をもってもらえるよう支援をしていきます。

出典;「ものの考え方-合理性への逸脱」講談社学術文庫(628)より

投稿日時:2019年12月29日

心が悩んでも相談しない理由について

当カウンセリングルームで来所するまでに長く考え迷ったというお話もよく聞きます。

気分の不調を感じても何処かへ相談をするまでに時間を要するものです。

WHOでの調査では、日本の一般地域住民を無作為に選び医学的診断基準で生涯で何らかの精神疾患(気分の不調、強い不安)があった人は4人に一人、これまでに本気で自殺を考えた者は9.7%、しかし既に受診した人は約30%。
私も日本人として感覚的にそうだよねーという印象です。

ではどのような理由で受診・相談をしないのでしょうか。

専門家を受診することについての意識調査では回答者(1725名)の内
「専門家を受診したことが友人にしれたら恥ずかしいか」という質問に対し、「とても恥ずかしい」「いくらか恥ずかしい」と回答した人が42%。

これは日本人はまだ心の問題で受診、相談する人への偏見を持っているのでしょう。
また、実際に受診した人(4134人)の内4週間以上相談しなかった理由についても調査しています。

・自力で問題に対処したかった 69%
・問題はひとりでに改善するだろうと思っていた 48%
・その問題は最初、それほど困らなかった 47%
・どこに行けば良いか、誰に見てもらえば良いかわからなかった 41%
・治療には時間がかかったり、不便だと思った 25%
・治療が、効果があるとは思わなかった 23%

自力で対処できると良いのですが、専門家による客観的な視点と心理臨床の知識を頼るとより早く効率よく解決ができます。

この調査報告書には、一般の地域住民の中には軽症で日常生活への支障は少ないが対象となる者の数が多く、現在の日本の精神科等医療機関では十分な医療サービスを提供することが難しい。これらの多くは、必ずしも薬物治療などが必要でなく、専門的な相談やカウンセリングなどで改善すると報告されています。

こんな悩みと思わずにこころの専門機関へ相談することで、人間関係、仕事、家庭、経済面で良い事がたくさんあるはずです。

出典;厚生労働省こころの健康についての疫学調査に関する研究 総合研究報告書より

 

投稿日時:2019年12月5日

公認心理師・臨床心理士をお探しの方へ

北海道外で心理師・心理士をお探しの方へ

公認心理師が誕生しましたが、ネットでは専門資格のないカウンセラーが依然として目立っているように感じます。心理支援を必要とされる方に、専門資格を持ったカウンセラーの支援が届くような環境づくりが求められていると思います。そのための一助となるべくサイトがこちらになります。是非ご活用ください。

心理士・心理師を発見するサイト
Website  http://psychologist.link

 

 

 

 

投稿日時:2019年11月7日

カウンセリングから思う事~怖い夢ばかり見る不安

誰かに殺されそうになる夢、誰かに追いかけられる夢を見ると

「精神状態が良くないのでは?」と心配する人が多いものです。

 

夢はその人の内面の課題を歪曲して表現されたものですので、

それほど気にする必要はありません。

ストレスがたまっているときには、何かに追いかけられたり、

間に合わないという焦りを感じているシチュエーションを見ることがあります。

これは実際に場面を経験をしたわけではありませんが、その人の人生の課題や

ある感情を伴った実体験が夢の中に誇張して現れると解釈されています。

 

 

 

 

 

 

私は、困っている女性を薄暗い教室から連れ出して一緒に逃げ惑う夢を定期的に見ます。

これは、カウンセリングが思うようにくいかずに困っている心理の現れかと

自己解釈しています。(汗)

 

怖い夢にはその他、高いところから落ちる夢、交通事故に遭うなどがありますが、

どれも精神的な病や予知夢ではありません。

むしろ脳内では睡眠中にいろいろな感情の処理作業をしているといわれています。

ただし、基本的な安全が脅かされるような強烈なPTSD(心的外傷体験)などで、

実際の体験から悪夢による侵入的再体験が繰り返される場合には、少々危険です。

専門家のカウンセリングが必要になることもあります。

PTSDなどの心理カウンセリングでは、実体験を取り扱う事に負担があるクライエントに、

悪夢に焦点を当てて感情を和らげていくお手伝いをすると、心のケアが進む場合があります。

 

 

投稿日時:2019年10月1日

ご予約はこちらから