月刊コラム

オンラインカウンセリングのすすめ

 

札幌はすっかり秋めいて参りましたが、

体調にお変わりありませんか。

 

始め肌寒くなってくると「今年もあと数ヶ月

か〜」と、静かに振り返る思いと、何かやり

遂げなければと焦る思いが出てきます。

皆さんはどのような思いでお過ごしでしょうか。

 

今年2020年は、新型コロナの影響を受け、

世の中が様々に変化しましたね。

その変化の一つに、あらゆるサービスのオン

ライン化が進んだことが挙げられます。

 

当カウンセリングルームでも

オンラインカウンセリングを行っています。

 

ただし、カウンセリングを受けていただく方

も、お引き受けするカウンセラー側も、リア

ルのカウンセリングとは少し異なった留意点

を念頭におくべきです。

そうすることで、確かな効果がある、

効果を高めることができる、と言えます。

 

1.オンラインのメリットとは

 

それでは、

リアルのカウンセリング と オンラインカウン

セリングの違いをみていきましょう。

 

オンラインカウンセリングは、

日常生活の中にカウンセリングを取り入れや

すくなるというメリットがあります。

 

1)ネット環境と話せる状況さえ整えば、どこ

にいても繋がることができる。

 

2)わざわざ出かける必要がなく、自宅からで

もカウンセリングが受けられる。

 

3)移動時間が省けるため、日常のちょっとし

たスキマ時間を自分のために使える。

 

4)カウンセリングルームという空間への抵抗

感や緊張感がなく、安心の場で過ごせる。

 

これらは、リアルのカウンセリングでは叶わない点です。

 

でも、留意点”もあるんです。

 

 

2.オンラインで気をつけることとは

 

オンラインカウンセリングのメリットの裏には、

 

1)ネット環境があっても、近くに家族や他人がいると安心して話せない。

 

2)出かけるというアクションがない分、カウンセリングに挑む気合が入りにくい。

 

3)日常のスキマ時間に入れると特別感が下がり、カウンセリングの意味がない気がする。

 

4)慣れた場所でカウンセリングを受けると、日常との境目がなくなりそうで不安に思う。

 

5)カウンセリングと標準的な認知行動療法はできますが、その他の心理療法はできない。

 

といった“ちょっと気をつけた方がいいこと”も

潜んでいるのが、実際のところです。

 

これらは、2020年に急増したオンライン〇〇のサービスいずれにも、

多かれ少なかれ該当しているとは思いますが、特にカウンセリングは、

“こころ”を慎重に扱うものです。

 

身近になりすぎてその価値がやや下がったよ

うに感じられたり、日常に溶け込みすぎて境

界線が曖昧になったり、臨場感が必要な心理

的サポートができないという点は、カウンセ

リングを提供する者として常に意識し、留意

すべき事柄であると感じています。

 

 

3.ひと工夫で一層の効果を

 

ここまで読んでいただくと、

「あーぁ、せっかくオンラインで受けてみようと思ったのに、

やめておこうかなー」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ご不安な点は、なんとなりとお尋ねください。

 

安心してオンラインカウンセリングをご活用いただくには、

下記の点を心がけてみてください。

もちろん、うけたまわる私自身も常に実践していることです。

 

1)オンラインカウンセリングを受ける場所

は、一人で安心して集中できる、リラックス

できる、という環境に整えましょう。

 

2)同居家族の存在がなんとなく気になる場合

は、事前に一言伝える、ドアに「開けないで

ね」と示しておくなど、自分にとって大事な

時間を確保するための、理解と協力を仰ぎま

しょう。

 

3)オンラインカウンセリングの前後には、

気持ちの準備とクールダウンの時間を取れる

よう、数分でも良いので余裕を持っておきま

しょう。

 

4)カウンセリング直後に仕事に戻る、

というハードスケジュールにせず、

お手洗いに立つ、コーヒーを一杯飲む、

好きな音楽を一曲聴く、などお勧めします。

 

5)もし周囲の環境としてどうしても調整がつ

きにくい場合は、遠慮なく日時の変更希望

を伝え、自分のための大切な時間を確保しましょう。

 

 

4.ぜひ、オンラインカウンセリングを効果的に活用ください

 

カウンセリングは、あなたがあなた自身の心に向き合い、

私と共に、あなた自身で心をほぐしていく大切なお時間です。

 

カウンセリングの場で話す内容は、

そう簡単に友達や家族には言えない事柄も多いです。

オンライン、リアルの対面の他にも、電話、

メール、メッセージのやりとり、手紙など、

様々な方法で、様々な種類のカウンセリング

を受けることができます。

それぞれの特徴、料金、効果など多少の違い

はありますが、やはりどうしても、

長年カウンセラーをしている身としては、

その場で同じ空間を共有できるリアルの対面

が一番いい!

と思ってしまいがちです。

 

でも、時代は変わるものです。

手書きのお手紙でなくても、パソコンが書い

た文字で想いを伝えることができています。

同じ場所で同じ空気を共有していなくても、

心は通います。

オンラインでも効果のあるカウンセリングが

できる時代です。

今後、心理療法をオンラインでも効果的に提

供できるよう考案中です。

 

ぜひ安心して、オンラインでもリアルでも、

銀のすずプレミアム を頼ってください。

投稿日時:2020年10月12日

最近、長時間労働によるストレス、たまっていませんか?

 

 

 

 

 


1.あなたの心身をむしばむ長時間労働

 

このページを見てくださっているあなたは、

心身に何かしらの不調を感じてらっしゃることと思います。

不調の理由は様々に考えられますが、

その1つに「長時間労働」は当てはまりませんか?

今回は、長時間労働による心身のストレスについてお話しします。

 

もし「今日も長時間働き、すごく疲れている」

「寝る間を惜しんでこのページを読んでいる」という方は、

ぜひここでスマホ・PCを閉じて、寝てくださいね。

 

 

 

長時間労働により心身に不調をきたすことは、

世の中にも周知されていることです。

 

コロナをきっかけに在宅勤務も増えてきましたが、

それでも、なかなか、この国は働き者ばかり。

ストレスがかかると知っていても、働きすぎる傾向があります。

 

ここでは、あなたを脅すことが目的ではありません。

どうすればこの状況から抜け出せるか

どうすれば心身の健康を維持向上できるかをお話しします。

 

 

2.働きすぎ”の基準「過労死ライン」

 

そもそも、「長時間労働をしているかどうか分からない」

「自分の周りはもっと長時間仕事している」

「長時間かけないと終わらない仕事量があるから仕方ない」

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

特にこのところテレワーク・在宅勤務等も導入されたことで、

「オフィスを出る」という仕事の区切りがつかなくなった方も

多いのではないでしょうか。

 

そこで、基準となるのが「過労死ライン」です。

少々恐ろしい名前ですが、「このくらいの時間働いている方は、

過労死リスクが高まりますよ〜気をつけてくださいね〜!」

という意味合いのものです。

 

この基準は、月80時間以上の時間外労働とされています。

週休2日・週5日勤務である場合、5日×4週間の月20日働くとして、

1日あたり4時間の残業が「アウト!」ということです。

 

つまり、一般的な会社員でみると、

9時出社で8時間労働+1時間休憩の合計9時間拘束、

18時退社。そこから4時間の時間外労働(残業)をすると、

仕事を終えるのは22時。

 

こうして時間を具体的にみると、9時〜22時仕事をしている状況では、

自分の趣味を楽しむ時間もなければ、家族団欒を持つ時間も、

ぐっすり寝る間も、ほとんどないことが分かりますね。

 

コロナの影響で滞っていた仕事のしわ寄せで、最近は仕事量が増えて

きている会社が多いと耳にします。

今のあなたは、このような状況ではありませんか?

 

「月80時間以上の時間外労働」が過労死ラインですので、

残業0時間の日もあれば10時間の日もある等、1日あたりの変動がある方も

「長時間労働」です。

昨日12時間寝たとしても、今日の睡眠時間が2時間たらずであれば今日眠くてだるい、

というのと同じです。

 

また、これはあくまでも基準であり、業務内容・個人の体調等によっては

月80時間を下回る場合も長時間労働と同等とみなされることもあります。

 

3.でも、仕事がある・・・

 

このように「私は長時間労働をしている」とお分かりいただけましたら、

ではどうすれば良いのか・・・?が大事です。

 

休んでほしい、寝てほしい、というのが率直な思いです。

 

でも、なかなか「休みたい」とは言えないかもしれません。

「休めるものならもう休んでるよ、それができないから仕事し続けてるんだよ!」と、

苛立ちを覚える方もいらっしゃるかもしれません。

 

そうですよね、毎日ほんとうにお疲れ様です。本当に、おっしゃる通りだと思います。

 

それでもやっぱり、ゆっくり休んでほしい、しっかり寝てほしい、と願っています。

 

なぜなら、あなたは今のままでは、

心臓・脳の病気、精神疾患を引き起こす可能性が高くなってしまうからです。

 

「過労死」「過労による自殺」などニュースで耳にされたことがあると思います。

 

いつの間にか無理がたたって、ある日突然、心臓や脳の疾患で他界してしまったり、

じわじわと精神的な不調が慢性化し、自ら死ぬことを考え実行してしまったり・・・

あなたがそうなる前に、私たちを頼って欲しいと思うのです。

 

4.少しずつ頼ってください

 

毎日のように長時間労働をしていたあなたが、

急に毎日定時で退社できるようになるとは、あまり思えません。

頼りにされていて仕事量が多いことでしょうし、あなたはきっと責任感もすごく強い方だからです。

 

だから、少しずつ、減らしていきましょう。

少しずつ、長時間労働をしない自分に慣れていきましょう。

 

ぜひ、どこか一日「定時で帰る日」「定時に仕事を終えて自分のための時間を持つ日」を

作ってみてください。

そしてその一日を、私たちに託してみてください。

もしその一日を見つけることが難しれけば、ひとまずお問い合わせください。

 

 

・「休みたい」「休ませてほしい」をどのように伝えると良いか

・“仕事を気にせず趣味を楽しむ自分”を好きになるにはどうすると良いのか

・他者に仕事を委ね自分の負担を軽くするには、どのような頼み方をすると良いのか

・働くこと以外に生きがいを見出し、自分のバランスを大切にするとはどういうことなのか

など、一緒に模索し、一緒に考え抜き、長時間労働とサヨナラできるようお手伝いします。

 

また、「そろそろ本当に休職しないと危険」という状態になるもっと早い段階で、

指摘・助言いたします。

ご自分では自覚ないままにストレスを溜め込む可能性は大です。

専門家に相談できているのは、そういった面でも安心感があります。

 

もし身近に「危なそうだな」「心配だな」という方がいらっしゃいましたら、

私たちのことをお伝えください。

 

 

周囲に助けを求め、弱音を言い、人に甘えることは、

恥ずかしいことではありません。

 

心身の健康を保ちしっかり生きていく上で、とっても重要なことです。

まずは安心安全の心理カウンセリングの場で、

助けを求め弱音を言い甘える経験をしてみましょう。

 

あなたを労い一緒に困って、共に悩み励まし、解決策を見出していく

心強いパートナーがいることで、あなたの心身はますます健康になることでしょう。

ぜひ安心してご連絡ください。

投稿日時:2020年9月20日

ソーシャルディスタンスと「見るなの禁止」

 

 

 

カウンセリングの場では、以前なら友人と会って緩和していた心の問題やストレスが、自粛生活で発散する機会が減り相談に来られるクライエントが札幌でも増えています。

 

いい加減に元の生活に戻りたい、コロナさえなければ、という思いはやはり変わらずにあるものです。

 

 

この度のコロナウイルスのパンデミックには、いくつか特徴的な心理的不安要素が含まれているといえるでしょう。まず相手が「見えない敵」であるという点です。

 

地震や水害などの天災も、もちろん突如として起こりうるものですが、ウイルスの最大の特徴といえば、肉眼では確認できないという脅威です。

 

神経症の一つに、手を何度も洗ったり、他人の触ったものに触れられなかったりと過剰に反応する「不潔恐怖」と呼ばれる恐怖症があります。

 

程度の差こそあれ、細菌やウイルス感染など人体に影響を及ぼす可能性のある「汚染」に関する反応は人間の潜在的な防衛本能としてもともと備わっているものです。

 

 

 

特に日本はコロナ禍のずっと以前から除菌をはじめとする「汚染」を防ぐための衛生管理・対策がすでに定着していました。

 

「他人が触ったもの」を不潔なものとして認知し、いつしか「他人=汚いもの」と他人を嫌う傾向にさえ発展した今日。

 

その根幹には、「知らない人」に対しての不安が垣間見えます。

 

社会心理学では、集団の内と外で明らかな認知の違いが生じることが知られています。

 

近年の日本における「知らない人」は、もはや漠然と「自分(身内)以外の未知の者」として認知され、区別されています。

 

また、ネット社会に加え、スマートホンなどの普及により人と人との関係性が「選択可能」になっていることもこの区別に拍車をかけているようです。

 

つまり、今はこの人とは繋がる、あの人とは繋がらない、という具合に手元で簡単に選択し、操作できてしまう世の中なのです。

 

このような独特な人間関係を結ぶようになった現代社会に、今年は人類史に残る大きな禍が訪れました。

新型コロナウイルスの世界的パンデミックです。

 

致死率はさほど高くないウイルスであることが分かってきたものの、もともと「死」から遠ざかって生きてきた我々現代人にとって、「新型」というだけで十分な恐怖の対象です。

 

あっという間にヒトヒト感染で拡がるウイルスの猛威が、ただでさえ触れたくない「他人」、「知らない人」への不潔恐怖を煽ります。

 

さらには無症状という厄介な状態を呈することもあるコロナウイルス。

「誰が感染者か分からない」という点でますます他人との距離が生まれます。

 

街中から人が消え、マスク、消毒液は必須。

 

そして人の集まる場所では感染防止対策の一環として他人との間に2メートル以上の距離をとる「ソーシャルディスタンス」が常識となりました。

 

キスやハグなどのスキンシップをとることが習慣であるヨーロッパや南米などの国々では、このソーシャルディスタンスのとれなさが感染を一気に加速した要因ともいわれました。

 

一方日本人は、キスやハグなどはおろか、家族間でもスキンシップはほとんどとりません。

 

しかし、そんな我々でも他人との2メートルの距離はやや不便さを感じるものです。

 

不思議なもので、ソーシャルディスタンスをとりなさいといわれて初めて、他人との距離を意識するのです。

 

これはなにも物理的な距離だけではありません。心理的にも私たちは他人を今まで以上に意識して生活しています。

 

 

 

 

 

精神分析の世界に「見るなの禁止」という概念があります。

 

簡単にいえば「見るな」と禁じられたものほど興味を駆り立てられ、結果的に悲劇を招くものであるという概念です。「カリギュラ効果」とも呼ばれています。

 

人はあえて他人に禁じられたことをして、「行動を制限する」というストレスから解放されようとします。

 

わざわざこの時期にパーティを開いたり、パチンコ店へ人が殺到したりしたのもこの現象といえましょう。

 

 

 

そして今まで以上に明確に他人との距離を呈示され、なるべく人と接することのないよう、自宅に籠ることを強いられた私たちは、

今までにない非日常のストレスを体感することとなりました。

 

ここでも「見るなの禁止」効果が働き、「人と会うな」といわれると会いたくなるものです。

 

人々は、普段おざなりになっていた家族との時間を見つめなおし、オンラインで繋がりあい、人との絆を確かめ合おうとしだしました。

 

結果的に日本社会にとっては、人とつながるという価値観を見直すいい機会になったのかもしれません。

 

環境や動物に精通する専門家の間では、この新型コロナウイルスが人間に感染するような事態を招いたのは、他ならぬ私たちであるという意見もあります。

 

もともと自然界においては、コロナウイルスを有する生物は普通に生息していたし、何も珍しいことではなかったというのです。

 

ただ、私たち人間が環境を破壊しつづけ、生態系が乱れ、生息地を追われた野生動物たちと人との距離が近くなってしまったことによる弊害であると。

 

ここにも守らなくてはいけないソーシャルディスタンスがあったということになります。

 

このような地球規模の観点からしても、現代社会に生きる私たち人間は、

もう少し「自分以外」のものとの、自分勝手に近すぎず、無駄に遠すぎない、「適切な距離」を考え直す必要があるのかもしれません。

投稿日時:2020年9月12日

【HSP】って知っていますか?

 

 

 

 

 

 

カウンセリングの場で「私はHSPだと思います。」というクライエントさんがたまに来られます。最近この「繊細さん」と呼ばれる人たちを題材にした書籍が増えているからでしょうか。

 

1.HSPとは

HSPとは、英語表記で【Highly Sensitive Person ハイリー・センシティブ・パーソン】

のことをいいます。

 

日本語で言い直すと、

・人一倍繊細なひと

・とっても繊細で感受性が強いひと

・感受性が強くて様々なことに対し敏感なひととされています。

(正式な日本語名称は定められていないようです)

 

 

現在、HSPは精神医学上の病名・診断名ではなく、“持って生まれた気質・性質”

として考えられています。

 

DSM(精神障害の診断および統計マニュアル)というものをアメリカの精神医学会が発行しており、

日本においてもこれを診断時に大いに活用しているのですが、現在のところHSPの記載はありません。

ただし、このDSMは現在第5版、今後も更新改訂されるため、2020年現在の見解として述べることを

ご理解ください。

 

 

2.あなたの不調はHSPから来てるかも?

 

さてさて、このHSPについてここで紹介しているのはなぜか。

それは、

・よくわからない不調の背景にHSPがある

・HSPの方の多くが「うつ」を併発しやすい

・「うつ」を主訴に相談される中でHSPが分かる

などのケースが実際に多いからです。

 

あなたもHSPに当てはまるかも?

あなたの身近な人がHSPの傾向があるかも?

これらを知ることで、「ちょっと楽になるヒント」が見つかる可能性があります。

そんなわけで、ヒント探しのためにも、読み進めてもらえたらなと思います。

 

3.基準がないから分かりにくい

 

ところで、HSPってどんなひとのことなのか、まだピンと来ませんね。

 

・人一倍繊細なひと

・とっても繊細で感受性が強いひと

・感受性が強くて様々なことに対し敏感なひと

など紹介しておきながら、ですが、

「人一倍」とか「強い」だなんて、そもそも基準値が不明です。

 

そうなんです、こころのことは、他者比較が難しいのです。

「血中コレステロール値が〜%以上はヤバイよ!」のような基準を示すことができず、

感受性が強いかどうかなんて実は厳密には分からないのです。

 

(確かに、○点以上で〜の診断に該当、という数値の基準を設けたものもありますが、

その回答自体も主観によるところが大きかったりします。)

 

ですので、実際の例をみながら、

「これくらいを“HSP”と言うんだな」と知っていただくこととします。

 

4.HSPの一日・・・

 

それでは、返ってわかりにくいかも・ですが

たとえば、ある中学2年生の女の子を例に1日を見ていきましょう。

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 

5:30

外が少し明るくなり、鳥や猫の鳴き声が聞こえてきました。新聞配達のバイクの音、

車の行き交う音も、耳に入ってきます。

ベッドの中でぼんやりしながら、今日1日の予定を考えます。

目覚まし時計の音が苦手なので、早めに目が覚めているのは、ありがたいことです。

 

6:00

起床。ベッドを出て、リビングへ。お父さんとお母さんも起きてきて、3人で朝食です。

実は、お父さんが毎朝のむコーヒーの香りが苦手です。でも、いつも優雅そうにコーヒー

を入れるお父さんに、「臭い、苦手」とはとても言えません。

平気な顔を装いながら、パンをかじります。朝食の後は、洗面や着替え、持ち物の確認をします。

今日の髪型はこれでおかしくないだろうかと、鏡を何度も確認してから「お母さん、どうかな?」

と尋ねます。お母さんは洗濯物を干す忙しそうな手を止めて、「可愛いわ」と言います。

「本当かなあ・・・今のお母さんの言い方、ちょっと適当だったのでは?」

心には小さな疑念が生まれます。でも、忙しいお母さんにもう一度尋ねることは躊躇われます。

もやもや、とした気持ちを抱いたまま、家を出る時間になりました。

 

7:30

電車で1時間ほどかけて私立の女子校に通っています。

通学に時間がかかるけれど、自分で選んだ学校なので文句を言ったことはありません。

でも本当は、かなり苦痛を感じる1時間です。

駅の人混み、満員電車、いろんな声や音、香水や汗の匂い、毎日耐えがたい1時間を経て、

学校に到着します。

この中学校に入学するまで、電車がこんなにも苦痛な空間だと知りませんでした。

気づいた時にはもう遅く、「実はしんどい」とは誰にも言えないまま、

なんとか通っています。

 

8:30

学校到着。苦痛な電車から解放されて、学校の校門をくぐる時は、

いつも清々しい空気を吸える気がします。でもここからも、ちょっとしんどい。

教室に着くと、クラスメイトや先生の何気ない言動が心をチクチク刺します。

AちゃんがBちゃんの悪口を言うのが聞こえてしまったり、

Cちゃんが先生に怒られたり、Dちゃんに意見を求められてもEちゃんの気持ちを思うと、

どうしていいか分からなかったり・・・。

自身が傷つく何かがなくても、周囲の誰かが傷つく出来事があると、とても耐えられません。

特に、担任の先生が教室でFちゃんに対して怒鳴った時には泣いてしまい、

クラスの皆から驚かれました。

それ以来、教室内では泣くのを我慢して、帰宅後に「お母さん、聞いて」と泣きながら話すのですが、

お母さんも「あなたが怒られたわけじゃないんだよねぇ?」と、少し不思議そうにしています。

 

15:00

放課後、友達と一緒におしゃべりをしながら駅まで行きます。この時間もまた、苦痛なものです。

友達の話題を「なんで今その話をするのかな?」

「これは私に対して、〜という意図があるのかな?」

「私はどう答えるべきなのかな?」など深く考えてしまい、

純粋に会話を楽しむことができません。笑顔で相槌を打ちながら、

差し障りのない返答をして、友達と別れた時には大きなため息が出ました。

 

17:00

帰宅後、どっと疲れて、しばらくソファーで横になります。

横になりながらもまだぐるぐると、友達の話が頭から離れません。

それでも少し落ち着くと、学校の出来事をお母さんに話したり、

自分の部屋で読書したりします。読書は好きですが、小説は登場人物に感情移入して号泣疲れます。

歴史物はもっと詳しく知りたくて調べ物疲れをしたりと、何をやっても疲れてしまいがちです。

勉強も好きですが、1つの分野を深掘りしてしまい、

ハッと気づくと長時間没頭していることがよくあります。

すごく詳しい分野があるものの、テストで高得点には結びつかず、

「いつも熱心に勉強してるのになあ」とお父さんがぼやきます。

 

20:00

夕食の後、お風呂の時間にはいつも「人はなぜ生きているのか」「隣の猫は幸せだろうか」など哲学的

なことに思いを巡らせます。

こんな話は、友達とはできません。

湯船につかりながらそんなことを一人でゆっくり考える時間が至福のひと時です。

 

21:30

お気に入りの寝具に身をおさめ、「明日は穏やかな1日でありますように」と

祈るように目を閉じて、就寝します。

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 

5.苦痛だけど、すごいこと

 

1日にお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

読みながら「わかる〜」「私も同じだ」と思われた方、HSPの傾向がありそうです。

「いやいや、気にしすぎでしょ」「そこは楽しもうよ」と思われた方は、

HSPの傾向はあまりないでしょう。

 

 

「過敏さ」「繊細さ」は、他者と比べる明確な基準はありませんが、

何よりも「本人の苦痛があるかないか」が重要なポイントです。

 

「コーヒーの匂いが好きではないが、別に気にしてない」場合と、

「コーヒーの匂いが苦手で、実はかなり耐えている」場合では、

後者の方の過敏であると言えます。

 

「友達が先生に怒られたらけど、私は関係ないからね」と思える場合と、

「友達が先生に怒られていて、友達がかわいそうで仕方ない」と思う場合では、

後者の方が繊細であると言えます。

 

同じ物事を見聞きしたり体験したりした際に、

“何かしらの苦痛、もやもや感、ざわざわ感“が多くなってしまうのがHSPの特徴です。

 

でも、悪いことばかりではないはずです。

「適当に流すことが苦手」「いちいち気にしちゃう」というよりも、

「ひとつひとつをとっても大切にする」と考えると、すごく素敵な性質です。

またHSPの傾向性を持っている方は、物事を本質的に物事を捉えるのが得意で、

かつ共感性が非常に豊かであるという特徴があります。

HSPって、誇るべき性質なのです。

 

 

6.うまく付き合うために

 

HSPは、先にも述べた通り、「病気」ではなく「性質」とされています。

つまり、「治す」ではなく「うまく付き合う」ことも必要です。

 

HSPの皆さん、その性質を誇らしく思い、うまく付き合うために、

ぜひ私たちを頼ってください。

 

・本当はすごく苦手なこと

・実は気になって仕方ないこと

・ひとつひとつ大事にしてきたこと

・誰にも言えないまま一人で抱えてきたこと

・いつまでも忘れられず心にわだかまっていること

・かつて人に話して驚かれた経験から、もう言わないと決めていること

 

これらをお聞かせいただくのも、私たち心理師の役割です。

 

日々の繊細な心の動きは同じでも、

・安心して話せる人がいる

・否定せずに聞いてくれる人がいる

・どんなこともきちんと受け止めてくれる人がいる

・全く変わらないわけではなく、感覚を修正ができるところも多分にあります。

という公認心理師との出会いを手に入れると、「なんだか楽になった」そうですよ。

 

ぜひ、遠慮なく、思いっきり、銀のすずPremiumを頼ってくださいね。

 

 

投稿日時:2020年8月25日

カウンセリングをお勧めする基準について

 

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  

 

 

 

 

  1. ≪迷いますよね、カウンセリング≫
  2.  
  3. このページを見てくださっている方は、
  4.  
  5. カウンセリングを受けることをすでに決めていて、「どこのカウンセリングルームが良いだろうか」と検討中である
  6.  
  7. カウンセリングを受けることをまだ決めかねていて、「カウンセリングってどんなものだろうか」と調査中である
  8.  
  9. という大きく2パターンいらっしゃるのではないでしょうか。
  10. どのような場合でも、迷いますよね、カウンセリングって。
  11.  
  12. そもそも「カウンセリングを受ける」ということ自体への不安、戸惑い、恥ずかしさ、緊張感など抱かれる方も多いです。
  13.  
  14. 当カウンセリングルーム 銀のすず は、医療機関ではなく、公認心理師が運営する心理カウンセリングルームです。でも、やはり世間一般からの見え方としては「精神科・心療内科」に近しいものがあるかと思います。
  15.  
  16. 「精神科・心療内科」に対する世の中の認識もずいぶん変化しましたが、それでもまだ、暗くて怖いところ、精神的にかなり重い症状の方が行くところなどのイメージが、どうしてもあるかもしれません。
  17.  
  18.  
  19. 今回は、“カウンセリングを受けることをまだ決めかねていて、
  20. 「カウンセリングってどんなものだろうか」と調査中である”という方に向けて、【カウンセリングを受けることをお勧めしたい基準】をお伝えします。
  21.  
  22.  
  23. ≪食う寝る遊ぶ、できていますか?≫
  24.  

このページにたどり着いてくださった方は、現在何かしらの悩みごとがおありのことと思います。

 

「こんな悩みだけど、カウンセリングに行っても良いものなのか?」

 

「この程度でカウンセリングを利用する人なんて、いるんだろうか?」

 

「この悩みごとに関して、カウンセリングを利用する価値はあるのか?」

 

などの「?」が出てきてらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな時は、カウンセリングを受けることをお勧めしたい基準を参照ください。

【”くうねるあそぶ”が出来ているか】を今の自分に聞いてみましょう。

 

あなたがカウンセリングを受けることが望ましい状況にあるかどうかは、

主に【食欲・睡眠・気分】の3つの指標において判断できます。

以下に少し詳しくお話ししますね。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

  •  
  •  
  •  

 

 

 

 

  •  
  • 食欲(くう)
  •  
  • ごはんをちゃんと食べることができていますか?イライラした時に狂ったように大量に食べることがありませんか?
  •  
  • 以下の状況の方は、心身がSOSを出している可能性が高いです。
  •  
  • ・少しでも食べると吐き気がして、身体が受けつけない感じがする。
  •  
  • ・「食べたい」と感じるものが何もない、もしくは「食べたい」ばかり考えている。
  •  
  • 健康的に生きる上で、適切な量の栄養をバランス良くとることは欠かせません。
  •  
  • これに加えて、食事を楽しみ、食べる喜びを感じること、ゆっくりと味わう時間的余裕があるということも、精神的な健康度に大きく貢献しています。  

 

    1. もし、今のあなたが食欲に関する不調がある場合は、その不調がどこからやってきたのかゆっくりお話しいただく場として、カウンセリングの利用をお勧めします。
    2.  
    3. つまり、食欲に関する不調には、心身の不調が現れているのです。
    4.  
    5. ・「美味しい」と感じることがなく、ただ生命維持のために摂取するという状態。
    6.  
    7. ・いつからか「空腹感」という感覚をすっかり忘れた。
    8.  
    9. 数ヶ月前と比較して、食事の量に大きな変化はありませんか?
    10. 食欲はありますか?
    11.  
    12.  
    13.  

 

 

 

 

    1.  
    2.  
    3.  
    4. 睡眠(ねる
    5.  
    6. 夜寝て朝起きる、というリズムはできていますか?
    7. なかなか寝付けない、夜中に何度も起きる、早朝に目が覚めるなどありませんか?
    8.  
    9. 以下の状況の方は、心身がSOSを出している可能性が高いです。
    10.  
    11. ・出勤のため起きようと思っても、身体が動かない、眠いというかだるい。
    12.  
    13. ・なぜかずっと眠い、寝ても眠い、日中も眠い、頭の回転が鈍くなっている。
    14.  
    15. 睡眠は、一日の疲れを癒し頭や心を整えるために、とても大切です。
    16.  
    17. 例えば2日間徹夜して仕事するより、毎日適切に睡眠を取りながら仕事した方がよほどはかどることは、イメージが湧きますよね。
    18.  
    19. 仕事がうまく進まないのは、あなたの能力の問題ではなく、ひと眠りすれば良い話かもしれないのです。  
    20.  
    21. もし、今のあなたが睡眠に関する違和感がある場合は、その違和感が生じたプロセスを紐解くためにも、カウンセリングがお役に立てることでしょう。
    22.  
    23. つまり、毎晩ぐっすり眠るというのは、心身の健康に直結しています。
    24.  
    25. 「悩みがあるから眠れない」もあれば、「睡眠の質がよくないから悩み事が増えている」という場合もあります。
    26.  
    27. ・夜中に頻繁に怖い夢を見てしまい、大汗かいて飛び起きることがよくある。
    28.  
    29. ・身体はどっと疲れているはずなのに、目が冴えて仕方ない。
    30.  
    31. 寝ても寝ても疲れがとれず、頭がぼーっとする感覚はありませんか?
    32. ぐっすり眠れていますか?
    33.  
    34.  
  1.  
  2.  

 

 

 

 

 

 

  • 気分(あそぶ)
  •  
  • 今まで楽しかったことに対しても興味を失ってはいませんか?
  •  
  • 気持ちの波が激しすぎて自分でもコントロールしがたい時がありませんか?
  •  
  • 以下の状況の方は、心身がSOSを出している可能性が高いです。
  •  
  • ・常に漠然とした不安があり心臓がバクバクしている。
  •  
  • ・「やらねば」と頭では分かっていても、気持ちが全く追いつかず焦りばかり募る。
  •  
  • これらは、いわゆる「うつ」「抑うつ」もしくは「躁鬱」などいわれるものです。
  •  
  • 誰しも「ネガティブ思考になっちゃう」「鬱々として気分が晴れない」という経験はあるものですが、これらの状態が頻繁かつ長期的な場合、早めのご相談をお勧めします。

 

  1. もし、今のあなたが気分に関するザワザワ感を抱いている場合は、安心して素直な気持ちを吐き出せる場として、カウンセリングを思いきり頼って欲しいです。
  2.  
  • 強い怒りを感じた際、「その場で怒り大爆発」ではなく「その場では少し我慢して後で友達にたっぷり愚痴る」というのは健全な状態です。
  •  
  • 「その場で怒り大爆発」も「我慢したまま自分で抱え込む」も、心身の不調を引き起こす可能性が高いものです。
  •  
  • これはごく一例の「怒り」に関してですが、私たちは日々様々な感情を抱きうまく付き合っていることがほとんどで、そこに不調が出ているというのは見逃すべきでないSOSのサインなのです。
  •  
  1. 私たちは、怒ったり、泣いたり、喜んだり、悲しんだり、興奮したり、笑ったり、いろいろな感情を自然体で抱ける状態が健康的であり、それらを時と場合に応じて自己コントロールできるのが望ましいと言えます。
  2.  
  3. ・最近いつ笑ったか全く思い出せないくらい、喜びを感じる瞬間がない。
  4.  
  5. ・悲しいはずが涙も出てこない。
  6.  
  7. イライラやどんより気分の切り替えが難しくなっていませんか?
  8.  
  9. 喜怒哀楽がありますか?
  10.  
  11.  

 

 

 

 

 

 

  1. ≪まずは初回のご相談を≫
  2.  
  3.  
  4. カウンセリングをお勧めする基準は、【食欲・睡眠・気分(くうねるあそぶ)】に不調が出ていないか、どの程度の不調が見られるか、ということであるとご説明いたしました。
  5.  
  6. ここでやっかいなのが、「不調」は他者比較が難しいという点です。
  7.  
  8. ・私の不調くらい、我慢すべきなのでは
  9.  
  10. ・これくらいのことで悩んでるなんて、笑われるかも
  11.  
  12. ・もっとしんどい人もいるんだから、私なんかが弱音を言ってはいけない
  13.  
  14. など思ってしまうかもしれませんね。
  15. でも、大丈夫です。これらは人と比べることではありません。
  16.  
  17. あなたがつらいのであれば、あなたが今とても苦しい思いを抱えているのであれば、どんなことでもご相談ください。
  18.  
  19. あなたが今このページにたどり着いてくださったこと、これこそが今カウンセリングがあなたのお役に立てることを物語っているのかもしれません。
  20.  
  21. 銀のすずのカウンセラーは、あなたが少しでも楽に前向きになれるよう、全力を尽くします。
  22.  
  23. もし、あなたのお悩みごとに関して、当カウンセリングルームよりも適した他機関がある場合は、そのようにお伝えします。
  24.  
  25. 例えば、経済的な困窮について悩んでいる場合、心理カウンセリングよりも福祉系の窓口へのご相談の方が良いです。
  26.  
  27. 医学的治療が必要な状況である場合、心理カウンセリングで期待できる効果はあまり高くありません。
  28.  
  29. あなたが今悩んでいること、それがカウンセリングを受けるに値することかどうかは、紹介した基準も参照いただきつつ、やっぱり、ひとまずお聞きしてみないと分からないのです。
  30.  
  31. 「カウンセリングを受けようかどうしようか」という悩みが一つ解消されるためにも、まずは安心して、初回のご相談へお越しになってみてくださいね。
  32.  
  33. 「とりあえず・・・」くらいのお気持ちでも、大丈夫ですよ〜。

 

≪関連記事≫

はじめに

カウンセリング・心理療法とは

カウンセリングについて

心が悩んでも相談しない理由について

 

投稿日時:2020年8月21日

ご予約はこちらから