月刊コラム

毒親の介護問題~カウンセリング

 

 

 

 

 

毒親の介護問題

 

最近いわゆる毒親が高齢になった時の介護問題の話題を見聞きしますが、札幌でも 一般的な親の介護問題とは違う複雑な悩みを抱えて相談に来られるクライエントさんがふえているように感じます。高齢者のお世話をする場合、たいてい家族が最初に何かをしますが、親子関係がすでに破綻している子供にとっては親の介護は心理的に困難を極めます。

 

優しくまじめな方に多い

 

元来どのような悩みでもカウンセリングに来られる方は、総じて優しい方だったり、まじめな方が多いものです。親の介護の問題で相談に来られるクライエントさんも、同様にとても優しい方で、幼少期に親から虐待されていたにもかかわらず、見捨てることができずにストレスで苦しんでいる方々です。同じ環境で育った兄弟姉妹でも、優しい人は最後まで逃げきれず知らずうちに親の面倒を任せられて、兄弟間の不公平感や周りからは理解されない苦しみに陥ってしまうのでしょう。

 

憎しみと罪悪感

 

 日本労働組合総連合会の「要介護者を抱える家族についての実態調査」では、一般の家族介護者の34.6%が問題行動がある要介護者に「憎しみを感じる」と回答しました。虐待された経験を持つ子供が介護者になると、さらに憎しみを感じる割合が増えることは予想ができます。

子供を虐待する親の背景には、親自身の問題が必ず隠れています。高齢で認知機能が衰えるとよりその人のクセが露わになりがちです。賢明な介護の最中に嫌いだった親の口癖や態度を目の当たりにすると、幼少期に抵抗でずに抑圧された苦しみが、ふとよみがえり憎しみと怒りで強く当たってしまいます。中にはつい暴力をふるってしまうケースも見受けられますが、同時に今も親に愛されたい気持ちもあり、罪悪感でそんな自分を責めてしまいます。

このように幼少から続いたこの複雑な心の呪縛から、親のせいで一生涯逃れられないのかと思うとうんざりとするはずです。

 

今後の関わり方

 

心理カウンセリングでは、いまの苦しみを十分に聞かせて頂き、幼少期のエピソードを振り返りながら、こころの傷を可能な限り修復をします。その上で今後の関わり方を決めていきます。親とのかかわり方には、必要最低限の関わりや全く関わらないという選択支もあります。家族、夫婦関係、仕事、生活において、今の暮らしを破綻させかねない状況であるならば、全く関わらない決断をした方が最善の場合もあります。

これら親との関りに向き合う心のケアは、過去の清算をしてこれからの人生を取り戻すために役立つと思います。

投稿日時:2020年7月23日

ご予約はこちらから