無料カウンセリング掲示板

旧掲示板への書き込みはこちらをご覧ください。
(旧BBSは閲覧のみとなっています)

無料カウンセリング掲示板 への701件のコメント

  1. おれんじ より:

    はじめまして。
    30代男です。夫婦関係について相談したいです。
    数ヶ月前に自分の浮気が妻に発覚しました。私は妻と付き合っていた頃から浮気をしては発覚し、その度に2度としないと約束して、ついに結婚、出産までしましたがまた同じ過ちを繰り返してしまいました。妻は子供のためにも離婚はしないと判断してくれました。
    悲しむ妻の様子にもう2度としないと決意はしています。しかし毎回反省していたはずなのにしばらくしてまた繰り返してしまった事実もあります。これから夫婦関係を修復していくにあたり、自分1人の決意ではなく、精神科やカウンセリングを受けて、浮気をしたらバレる、悲しませる、周りに迷惑をかけるとわかっていながらも繰り返してしまう自分をなんとかしたいと思っています。
    しかしとある精神内科のクリニックに電話しても相談内容に対応出来ないと言われてしまい、どこに相談するべき内容なのかも分からずにいます。
    これから夫婦関係を修復していくにあたり、なんとか自分を変えたいと思っています。アドバイス頂けないでしょうか。

    • 銀のすず より:

      はじめまして。

      この先も奥様の不安や怒りは続くかもしれませんが、
      奥様が離婚を選択しなかったことには救われましたね。

      浮気を繰り返してしまう行動を抑制したいのですね。
      病院ではお薬で改善できる問題ではないので対応しないのが一般的です。

      妻帯者が浮気をしてしまう事は倫理に反した行為ですが、
      大きな問題は何度も発覚をしているという事です。
      バレない最善の努力を怠るほどに代償を軽く扱っていた結果かもしれません。
      浮気して得たものは性欲、精神的な癒し、刺激といろいろお有りかと思います。
      しかし結婚前とは違い発覚して両親の喧嘩、別居、離婚で一番影響を受ける犠牲者は子供で
      ある事を再認識してみては如何でしょうか。

      まだ本当には理解されていない知識や動機があるかもしれません、
      専門のカウンセラーに一度相談してみるのが良いと思います。

  2. ばなな より:

    初めまして、母親について悩みがあります。
    私の母親は自分の思う通りにいかないととても大きな声で泣き叫びます。その声は家のどこに居ても聞こえ、動悸がとまらず涙が出ます。
    また決まって、私が悪い、私が嫌いなんだと囃し立ててコントロールしようとしてきます。
    幼少期はそれに傷つきなんとか母の思う通りにしようとしてきましたが、成人を迎えそんな自分から脱却しようと色々な本を調べ母にコントロールされないようにしっかり冷静に自分の気持ちを伝えるようにしました。母は、私がこうしたのにしてくれない、私はこう思ってるのにあんたたちは、と言うので私達はあなたとは別の人間で別の思想主義を持っているんだと言っていますが納得せず、同じことを繰り返します。私も冷静でいようとふんばりながらも内心は恐怖でたまらないし涙も出ます動悸も激しくなります。また気分屋で小さなことでも沸点に達すると上記の状態になるため、それが怖くて家族内でも分裂が起きてます。母自身が、こうしたのにこうしてくれないという発想を変えないと母自身も辛いしその矛先の家族も辛いです。母のためにもカウンセリングに行って欲しいです。ですが、それを本人に説得するのに一度失敗すれば二度目はないと思います。どうすればカウンセリングに行くことを説得できるでしょうか。

    母の特徴として、自分が正しいという姿勢を曲げたくないので図星なことを指摘されると泣き叫びます。泣き叫びじゃあ私が嫌いなんだ、悪いんだと言って論点をずらします。次に、過去の話、全く関連のない話を持ち出し悪いのはそっちだと言う話に持っていきます。それでも埒が明かない場合は、私達を養っていることを引き合いにだし母が正しいという方向へ持っていきます。

    • 銀のすず より:

      こんにちは。
      幼少から母親の理不尽な感情に左右され逃げ場のない苦しみをお察いたします。
      同時に客観的に自分と母親との区別をつける努力にも相当な時間を費やしたと感じます。
      理性的な整理はできても、お母さまの言動が幼少時からの恐怖心で体に反応を引き起こしている状態のようですね。

      お母さまに変わって欲しい気持ちはよく理解ができます。しかし家族間だけでは対処ができないものです。
      カウンセリングや専門の第三者を交えて解決を目指すことは良い選択だと思います。

      ではどのようにつなげていくのが良いのでしょうか?
      お母さまの個人の問題として悪者にしてしまうとカウンセリングに参加することはないので、
      家族の問題として捉え提案することも一案です。
      例えば、私または家族が精神的に辛くカウンセリングを受けたいと思っている。
      そこで母さんにも付き添ってもらいたい、私に協力をして欲しい。
      またはお母さんを苦しめている自分や家族にも要因があるのかもしれないので、
      カウンセリングに付き添ってほしい。という提案はどうでしょう。
      お受けになる事になれば、カウンセラーには事前に状況や経緯、目的を伝えておくのが良いと思います。

      ご自身や家族の精神を守ることが第一です。
      カウンセリングなどを拒否する結果になった時には、
      お母さまに変わってもらうことは諦めて、物理的、精神的な距離を置くことも考えましょう。。

ご相談内容

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ご予約はこちらから