トラウマ 恐怖症 PTSD

つらい過去の体験に振り回されずに、安心して毎日を過ごしたい。

トラウマ 恐怖症特定の状況から自動的に湧き起こる恐怖や不快な感覚。繰り返しているうちに、日常の生活や行動に漠然とした不安や怯えを常に感じるようになることもあります。

このような場合、あなたを縛っている過去を克服する必要があるでしょう。
札幌の「銀のすず」では、カウンセリングを基本として、引き金となっている出来事や現象を特定し、その出来事・現象と、そこから湧き起こる不快な感情とを切り離すようなセラピーを施します。

PTSDとは

PTSDは、強烈なトラウマ体験が、ストレスとなり、思い出されたり、悪夢を見る、感情が高ぶったり、鈍くなったりして、日常生活にも影響を及ぼすストレス障害ををいいます。


有効な治療方法

PTSDや恐怖症の治療方法は暴露療法、EMDR催眠療法が有効です。

特にEMDRは、他の治療方法と比べて辛い、恐いの感情を感じることが少なく、体験の詳細を語らなくとも行えるので、やさしいトラウマ療法です。

幼少期から日常的に、繰り返されたトラウマ体験、例えば虐待や愛情をかけられなかった、家庭環境で育ったなどの複合性トラウマは、カウンセリングも重要ですので、時間はかかります。

どのよう問題でも、克服にはセラピーの技術と、お客様さまの「楽になりたい」いう、前向きな気持ちが合わさって、良い結果が生まれます。


治療効果の確認

自律神経測定器でPTSD治療効果を確認できます。札幌の銀のすずPremiumでは、トラウマ体験を思い浮かべた時のストレス反応を、自律神経測定器で、・自律神経バランス(交感・副交感神経)・自律神経活動度(心拍変動)・ストレスに対する対処能力を分析して、セラピー効果を確認できます。