月刊コラム

過干渉な母親の心理~カウンセリングの場から

過干渉な母親にうんざり

 

幼い頃から過干渉の母親にうんざりしてきました。家を出たくて地元から離れて札幌で一人暮らしを始め、やっと解放されると思ったのに、就職してからもいまだに何かと押しつけがましく世話を焼きたがります。イヤなのに、親不孝になるかと思うと、無視することもできずにストレスが溜まります。

このようないわゆる毒親との関わりは、カウンセリングの場で常に相談を受けるクライエントの悩みごとの一つです。

経済的な自立はしているが精神的に母親から自立することができないクライエントの多くは、「母親を拒絶することはできない」と自分を責めますが、ほとんどの場合、問題は母親にあります。カウンセリングでは、それを理解し、自分を追いつめないようにカウンセラーが促していくことがあります。

 

 

メサイア・コンプレックス

子供へ過度に干渉する母親や、親切だけれどありがた迷惑タイプの人の心の中には、「メサイア・コンプレックス」というあまり聞きなれない劣等感が隠れている可能性があります。

メサイアとは救世主の意味で、心の中に、人より劣っているという劣等感と、自分が救われたいがために他人や子供を救おうとする、自分が優位に立ちたいなどが混在している心理状態です。相手の事を考えて役に立ちたいというのではなく、親切な自分の事ばかりを意識して、親切の押し付けになってしまうのでしょう。

 

年代的に経済的に自立していない母親でバリバリ仕事をしている女性への羨望や、学歴へのコンプレックス、また妻としての存在価値に不安を持っていることもあります。そのコンプレックスがねじれて、子供に何かを教えるという形で 干渉するといった行動に表れます。 子供の人生をあれこれと指図することで、自分の人生を意味あるものにしようとしている、とも言えます。同時に「私がいなくては何もできない」という感情を植え付けさせるような言動をすることもあります。

 

子供への依存が過干渉に

一番の問題は家族間連鎖です。子供が無自覚に母親のコンプレックスを引き継いで、いつも「足りない」「満たされない」と感じ、夫婦関係がこわれたり、子供ができれば、母親と似たような態度で子供へ接してしまうことがあります。

このような親子問題を抱えた方は、母親の過干渉は子供に依存しているためであることをよく理解して、自分の心の整理と子供へ依存している母親との関わり方を再考していくことで自分の人生を少しずつ取り戻すことができます。また毒親であった自分を顧みて、子供のためにカウンセリングを希望される方も増えてきています。気軽に当カウンセリングルームへご相談ください。

 

関連記事

アダルトチルドレン(AC)へのカウンセリング

子育て不安

投稿日時:2020年7月19日

ご予約はこちらから