月刊コラム

カウンセリングについて

 

 

 

 

 

 

 

「カウンセリング」という言葉は、もともとキリスト教の「Counsel of Perfection (完徳の勧め)」がその始まりといえます。つまり「神のような完全な存在となりなさい」という、いわば実行不可能な助言を指す言葉でした。長きに渡り、人の心の悩みを聴くのは、神職の専門分野だったわけです。

教えを通して人を導くところから始まった「カウンセリング」は、心理学の発展とともに少しずつ形を変えていきます。アメリカの臨床心理学者Carl Rogers 1902-1987)は、それまでの精神科医がおこなう助言や忠告によって「導く」スタンスから、来談する患者本人にカウンセリングの主導権を渡すという全く新しい治療法を打ち出しました。

これは、治療者が指示やアドバイスをして悩みを解決していくのではなく、「答えは悩みを抱える本人が持っているもの」という現代のカウンセリングの土台となる患者の心を優先、尊重した「来談者中心療法」と呼ばれる考え方です。

 

「答えは、悩みを抱えている本人が持っているもの」。このことから、カウンセリングの場面では、まず相談に訪れた人の話をしっかりと聴く、「傾聴」が基本となります。エステやマッサージのように、セラピストやカウンセラーが施す施術をただ受けていれば良くなる、というものとは違って、本人の主体的に取り組む姿勢が基本である、ということです。

 

しかしここで大切なのは、セラピストはただ単に悩みや問題について聴いているだけではありません。相談者の心が何を求めているのかをしっかりと見極め、心の声に耳を傾けているのです。

そこから浮き上がってきた問題へ、必要であれば適切な心理療法を用いながら解決へと向かっていきます。

 

私たちは、日常生活の中でいくつかの無意識の領域を持っています。この無意識に追いやられた思い、気持ちが暴れ出した時、とても苦しく生きづらい状況が生み出されてしまいます。私たち心の専門家は、追いやられ、深い霧の中で抜け道を探しているような思いについて、話を聴きながら少しずつ読み解いていくのです。

 

自分の心の奥底にある本当の思いや気持ちが発掘された時、そしてそれを受け容れて共存できるようになった時、心はよりリラックスし、穏やかな時間を過ごすことができます。

 

そのためには、まず心に積もったことを吐き出し、整理し、そして気づきを得た時にはそれを受け止めてくれる相手が必要です。これが「対話」であり、カウンセリングの意味合いなのです。

 

西洋では、歯医者や美容室に行くことと同じくらいの意識で、心のカウンセリングを受けることが日常生活に溶け込んでいる国が多く存在します。これは、ストレスケアを始めとする、現実生活を支えている心のメンテナンスに対しての意識が高いことを示すものですが、日本人はこの意識においてとても鈍感であるといわれています。反対にいえば、我慢強く、弱音を吐けない仏教国の文化が根強いともいえるでしょう。

 

しかしここ札幌でさえも新型コロナウイルスの影響などで、今まで隠れていた問題が表面化して、日常生活で受けるストレスは日に日に強まり、それらを発散する人間関係はどんどんと希薄になっていることも事実です。「病院に通う」、「カウンセリングを受ける」ことのハードルはまだまだ高い日本ですが、ぜひご自身の人生をより豊かに過ごすためにも、心の専門家のカウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか。

 

カウンセリングの元々の語源に遡ると、「Counsel」という言葉は「Co=共に」「Sel=取る、選択していく」という意味からきています。心の問題に向き合うことは、一人では難しいものです。心のスペシャリストである私たちと「共に」、人生を「選択していく」ことは、いま心の中に積もってしまったたくさんの余計なものを取り払っていく良いきっかけになるかもしれません。

 

いま、コロナの渦で混沌とした現実の中ですが、少し立ち止まり、心の声に一緒に耳を傾けてみませんか。

 

参考文献

  1. R. Rogers 2005 クライアント中心療法(ロジャース主要著作集)保坂亨訳, 岩崎学術出版社

寺澤芳雄 1997 英語語源辞典(The Kenkyusha Dictionary of English Etymology), 研究社

 

≪関連記事≫

カウンセリング

投稿日時:2020年8月9日

ご予約はこちらから