月刊コラム

オンラインカウンセリングのすすめ

 

札幌はすっかり秋めいて参りましたが、

体調にお変わりありませんか。

 

始め肌寒くなってくると「今年もあと数ヶ月

か〜」と、静かに振り返る思いと、何かやり

遂げなければと焦る思いが出てきます。

皆さんはどのような思いでお過ごしでしょうか。

 

今年2020年は、新型コロナの影響を受け、

世の中が様々に変化しましたね。

その変化の一つに、あらゆるサービスのオン

ライン化が進んだことが挙げられます。

 

当カウンセリングルームでも

オンラインカウンセリングを行っています。

 

ただし、カウンセリングを受けていただく方

も、お引き受けするカウンセラー側も、リア

ルのカウンセリングとは少し異なった留意点

を念頭におくべきです。

そうすることで、確かな効果がある、

効果を高めることができる、と言えます。

 

1.オンラインのメリットとは

 

それでは、

リアルのカウンセリング と オンラインカウン

セリングの違いをみていきましょう。

 

オンラインカウンセリングは、

日常生活の中にカウンセリングを取り入れや

すくなるというメリットがあります。

 

1)ネット環境と話せる状況さえ整えば、どこ

にいても繋がることができる。

 

2)わざわざ出かける必要がなく、自宅からで

もカウンセリングが受けられる。

 

3)移動時間が省けるため、日常のちょっとし

たスキマ時間を自分のために使える。

 

4)カウンセリングルームという空間への抵抗

感や緊張感がなく、安心の場で過ごせる。

 

これらは、リアルのカウンセリングでは叶わない点です。

 

でも、留意点”もあるんです。

 

 

2.オンラインで気をつけることとは

 

オンラインカウンセリングのメリットの裏には、

 

1)ネット環境があっても、近くに家族や他人がいると安心して話せない。

 

2)出かけるというアクションがない分、カウンセリングに挑む気合が入りにくい。

 

3)日常のスキマ時間に入れると特別感が下がり、カウンセリングの意味がない気がする。

 

4)慣れた場所でカウンセリングを受けると、日常との境目がなくなりそうで不安に思う。

 

5)カウンセリングと標準的な認知行動療法はできますが、その他の心理療法はできない。

 

といった“ちょっと気をつけた方がいいこと”も

潜んでいるのが、実際のところです。

 

これらは、2020年に急増したオンライン〇〇のサービスいずれにも、

多かれ少なかれ該当しているとは思いますが、特にカウンセリングは、

“こころ”を慎重に扱うものです。

 

身近になりすぎてその価値がやや下がったよ

うに感じられたり、日常に溶け込みすぎて境

界線が曖昧になったり、臨場感が必要な心理

的サポートができないという点は、カウンセ

リングを提供する者として常に意識し、留意

すべき事柄であると感じています。

 

 

3.ひと工夫で一層の効果を

 

ここまで読んでいただくと、

「あーぁ、せっかくオンラインで受けてみようと思ったのに、

やめておこうかなー」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ご不安な点は、なんとなりとお尋ねください。

 

安心してオンラインカウンセリングをご活用いただくには、

下記の点を心がけてみてください。

もちろん、うけたまわる私自身も常に実践していることです。

 

1)オンラインカウンセリングを受ける場所

は、一人で安心して集中できる、リラックス

できる、という環境に整えましょう。

 

2)同居家族の存在がなんとなく気になる場合

は、事前に一言伝える、ドアに「開けないで

ね」と示しておくなど、自分にとって大事な

時間を確保するための、理解と協力を仰ぎま

しょう。

 

3)オンラインカウンセリングの前後には、

気持ちの準備とクールダウンの時間を取れる

よう、数分でも良いので余裕を持っておきま

しょう。

 

4)カウンセリング直後に仕事に戻る、

というハードスケジュールにせず、

お手洗いに立つ、コーヒーを一杯飲む、

好きな音楽を一曲聴く、などお勧めします。

 

5)もし周囲の環境としてどうしても調整がつ

きにくい場合は、遠慮なく日時の変更希望

を伝え、自分のための大切な時間を確保しましょう。

 

 

4.ぜひ、オンラインカウンセリングを効果的に活用ください

 

カウンセリングは、あなたがあなた自身の心に向き合い、

私と共に、あなた自身で心をほぐしていく大切なお時間です。

 

カウンセリングの場で話す内容は、

そう簡単に友達や家族には言えない事柄も多いです。

オンライン、リアルの対面の他にも、電話、

メール、メッセージのやりとり、手紙など、

様々な方法で、様々な種類のカウンセリング

を受けることができます。

それぞれの特徴、料金、効果など多少の違い

はありますが、やはりどうしても、

長年カウンセラーをしている身としては、

その場で同じ空間を共有できるリアルの対面

が一番いい!

と思ってしまいがちです。

 

でも、時代は変わるものです。

手書きのお手紙でなくても、パソコンが書い

た文字で想いを伝えることができています。

同じ場所で同じ空気を共有していなくても、

心は通います。

オンラインでも効果のあるカウンセリングが

できる時代です。

今後、心理療法をオンラインでも効果的に提

供できるよう考案中です。

 

ぜひ安心して、オンラインでもリアルでも、

銀のすずプレミアム を頼ってください。

投稿日時:2020年10月12日

ご予約はこちらから